糖尿病にかかった人は特に気をつけること|食事で健康維持

老人
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しく食べます

和食

間食もできます

糖尿病は、食事から取り入れるエネルギーの量や脂質の量に注意が必要です。摂り過ぎたエネルギーは体内で使われず、血液中に残ってしまいます。そのため、いつまでたっても糖尿病は改善されません。それだけ、糖尿病と食事は、密接な関係にあります。この食事というのは、間食も含まれます。基本的には、間食はできませんが、一度の食事で少ししか食べられない人や、3食だけでは物足りず、ストレスがたまってしまってどうしようもない人などは、間食もできます。ただし、医師から指示を受けた1日に必要とされるエネルギー量の範囲内に収めることが必要条件です。また、飲み物は、水またはお茶が好まれます。ジュースなど糖分を含むものは飲めません。

お腹がふくらみます

糖尿病の治療中や健康な体を作るためには、ご飯やお肉などを山盛り食べるわけにはいきません。しかし、少ない量でも満足のいく食事はしたい。そこで、満腹感を得られるような食べ方が必要になってきます。満腹感を得るためには、よく噛むようにします。人間の体は、咀嚼すると、脳に刺激が伝わり、満腹感が得られるようになっています。一口、口に入れたら、箸を置き、よく噛みます。咀嚼できたら、次の一口を入れて、同様によく噛みます。そうすれば、満腹感を得られるうえに、食べ過ぎを防ぐこともできます。よく噛むために、食物繊維を多く含む食材を使用するのも良いです。豆やイモ類、人参やごぼうなどの根野菜に、食物繊維が多く含まれています。