糖尿病にかかった人は特に気をつけること|食事で健康維持

老人
このエントリーをはてなブックマークに追加

生活習慣がもたらす疾患

食事

食事に困ることが無い現代、糖尿病患者が増えてきていると言われています。糖尿病は、過食や運動不足、脂質の摂りすぎ、肥満などによって引き起こされるものです。その中でも一番の原因と言われているのが、過食という部分です。糖尿病は、血糖値が上昇することによって発症します。必要以上の食事は、血糖値を上昇させる直接の原因となります。またブドウ糖などを多く含む食事を摂っていると、血糖値をコントロールするインスリンという成分の分泌が減少し、血糖をコントロールすることが出来なくなってしまいます。下がってしまったインスリンの量は、自力で戻すことは出来ません。病院でのきちんとした治療が必要となるため、血糖値に異常が見られた場合はすぐに精密検査を受け、糖尿病であるかどうかを調べる必要があります。

糖尿病になってしまった場合、食事は十分注意して摂る必要があります。血糖値を上昇させるもの、胃に負担を与えるものなどは避け、ある程度制限を持って食事を摂ることが必要となります。そこで活躍するのが、管理栄養士という人です。管理栄養士は、入院施設などがある総合病院にいる人たちで、糖尿病患者一人ひとりに合わせた食事量や内容を決めてくれます。食事も、治療にとって欠かせないポイントの一つです。ある程度制限はありますが、管理栄養士の指示に従い野菜や大豆を使ってかさまししたりなどの工夫をすれば、苦無く食事を摂ることが出来るようになります。完治を目指すためには、定められた食事内容を守って摂るように心がけましょう。