糖尿病にかかった人は特に気をつけること|食事で健康維持

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しく食べます

和食

糖尿病の食事であっても、おいしく楽しく食べることができます。場合によっては、間食もできます。食材は、食物繊維を多く含むものを使用します。また、食事の最中は、よく噛むことが大切です。咀嚼することで、満腹感を得ることができます。

Read More

満足が得られます

和食

工夫できます

糖尿病の治療に欠かせないのは、食事内容の改善です。食べ過ぎや脂っこいものばかり食べている場合は、血糖値が高い状態が続いてしまうため、注意が必要です。しかし、いつも質素で代わり映えのない食事しか摂ることができないわけではありません。工夫すれば、おいしいうえに、糖尿病の治療にもつながる食事をつくることができます。糖尿病でない人も、満足感を得ながら健康体に近づけるため、人気があります。例えば、1食でご飯とサツマイモの両方が食べたい場合です。通常のご飯の量を食べるとしたとき、輪切りにしたサツマイモの甘煮は数切れ程度しか食べられません。エネルギー量を超えてしまうからです。しかし、これをサツマイモご飯にしたら、砂糖を使わない分、サツマイモを食べることができます。

満腹感が得られます

糖尿病を患っているときの食事は、満腹感が得られないと感じる人は多いようです。それまでは、お腹がいっぱいになるまで食べてきた人が多いからです。そんな人は、かさを増やした食事がおすすめです。かさ増しに使う食材は、エネルギー量が少ない食材が向いています。例えば、きのこや海藻、野菜などです。生姜焼きのお肉の量を減らして、玉ねぎの量を増やし、さらに人参やエリンギなどを加えてみるなどが考えられます。また別の日には、野菜をお肉で巻いた肉の野菜巻きにするなどもできます。サラダであれば、温野菜のほうがたくさんの量の野菜を摂ることができます。生の野菜はごわごわして、なかなか食べられませんが、蒸したり焼いたりした野菜はかさが減る分、食べやすくなります。独身の人や仕事が忙しい人は、糖尿病食の宅配サービスを利用すると良いでしょう。そうすることで、料理するストレスを軽減することができます。

血糖値の上昇が招く疾患

男性女性

糖尿病は、インスリンの働きが鈍り、血糖値が上がることによって引き起こる疾患です。発症してしまった場合は、お酒やブドウ糖を含む食物の摂取を控えるなど、食事制限が必要となります。医師の指示に従い食事を制限させることで、治療をスムーズに行うことが出来ます。

Read More

生活習慣がもたらす疾患

食事

糖尿病は、過食や肥満などが原因となり、インスリンの量が減ることで血糖値が上昇してしまう疾患です。もし発症してしまった場合は、管理栄養士の支持に従い、食事制限を設けながら治療を受けることが必要となります。

Read More